頑張れば簡単にセックスできる

柔らかいおっぱいが揉みたい!

硬いおっぱいには原因があった!

硬いおっぱいがコンプレックス!と言う女性、柔らかいおっぱいが揉みたい!と思う男性、どちらもいると思います。なぜか少しおっぱいが硬い女性っていますよね。豊胸でシリコンなどが入ってない限り、硬いのに原因があったんです。今回はそんな原因を取っ払い柔らかいおっぱいにする方法をご紹介したいと思います。

まず一つ目の硬乳の原因は血行の悪さです。自分のおっぱいを触って冷たいと感じる事はありませんか?それは老廃物が溜まって血行の邪魔をしているせいです。肩こりも血行の悪さで硬くなりますよね。それと同じ原理です。

乳腺の発達不足もおっぱいを硬くする原因です。おっぱいは乳腺10%と脂肪90%で出来ていると言われています。乳腺が成長していると外部からの刺激から乳腺を守ろうとどんどん脂肪がついてくるのです。なので乳腺がしっかり発達していると柔らかい脂肪が付きふわふわな柔らか乳に成長するんです。逆に発達不足だと脂肪もつかないので硬いおっぱいになってしまいます。

そして最後が筋肉は凝り固まっている事でおっぱいを硬くします。肩甲骨と肋骨辺りの筋肉がこわばっていませんか?普段の姿勢の悪さや、肩甲骨周りを動かしていないことからこの部分の筋肉がこわばっている人は多いと思います。この筋肉がこわばっていると、胸の脂肪が筋肉に引っ張られてしまい、胸の根元が肋骨に張り付いたような状態になっています。その結果、おっぱいまで固くなってしまうのです。

こういった原因は体質改善が必要です。固いおっぱいは、血行が悪かったり、リンパが滞っていたりしますが、それは女性ホルモンが乱れている証拠なのです。柔らかなおっぱいになることで、血行もリンパの流れも良くなり、女性ホルモンを分泌している卵巣や子宮の調子も整います。リンパは血の巡りを妨げる老廃物を回収してくれます。更に、卵巣でつくられた女性ホルモンを胸へと運んでくれるのです。柔らかくふわふわな胸になることで、リンパが流れ、女性ホルモンの調子も整い、その女性ホルモンが胸へと運ばれるという、良いことづくしなのです!おっぱいを柔らかくするということだけでなく女性ホルモンを整えるような体質改善を心がける事でおっぱいも柔らかく、全身の調子も良くなります。ぜひ試してみてください。